« 仕事納め | トップページ | 2008年 »

北海道氷流記

Cimg5300Cimg5317Cimg5288








2007年12月29日。
朝5時起き。8時の便で東京を後にする。
年末は相方くんと北国、北海道へと旅立った。

初めての北海道なのでワクワクでいっぱい。
が、降り立つと生憎の雨。


まずは名店“すみれ”へ。道は雪が凍って滑り、空からは容赦なく雨と風が
吹き荒れる。徒歩を諦めタクシーで行く事に。大正解。

雨のせいか並ぶことなく入れた。
ラーメンめっちゃ美味しかった〜。

雨がすごくてあまり地上に出れず。。。
時計台に向かうほんのわずかな距離で傘が破壊。

Cimg5319









夜はサッポロビール園へ。
建物周辺がなんだか雰囲気があり綺麗だった。

Cimg5314











そしてそして初めてのジンギスカン。

うまぁーーーい!!
肉、そして野菜がまた美味しかった!!
食べ放題なので肉も野菜もシーフードもおかわり〜。
ビールに合うんだわこれが。
店内が広くてがやがやしていてその感じがまた良い。
鉄板囲んで食べて飲んで楽しかった〜。
相方くんもテンションが上がっていた。

Cimg5322Cimg5338Cimg5358








二日目。
天気は晴れ。晴れただけでなんだか嬉しい気分。
札幌を少し離れ小樽へとぶらり下車。

Cimg5323_2









昼は海鮮丼を食べた。
美味しかったのだが、食後街を歩いているとタクシーの運ちゃんが話しかけて
きて、「小樽来たら寿司食べな〜」と言われ、美味しいという寿司屋さんを教えて
くれた。それと小樽のお勧め観光スポットなども教えて頂き良い情報ゲット。

Cimg5346









歩いていると‘かに汁100円!’の文字。
もちろん頂くことに。
これがめちゃくちゃ美味しかった。

その後もお菓子屋で試食をしまくりソフトクリームを食べお腹はぱんぱん。
そして運ちゃんに教えてもらった喫茶店へ入る。

Cimg5347Cimg5348Cimg5370_2









なんとなんと

Cimg5349









ここ、飲んだ後のカップを持ち帰れるのだ。
しかもおかわり自由。
お値段もお手頃。
運ちゃんの言う通り味は至って普通。
でも旅の思い出になるので良いですわ〜。

Cimg5371











オルゴール堂を見たり、ガラスを見たり、まりもっこりとも記念撮影をして
行きたかったキャンドル工房へ。
色んな種類のキャンドルがありとても癒される。

Cimg5373









日も暮れ、明かりがぽつりぽつり灯り始める。
夜の小樽運河。
本当に綺麗で寒さも一瞬忘れてしまうくらい。

Cimg5388









夕飯はホテルのすぐ近くにある居酒屋さんへ。
ここも本当に全ての料理が美味しかったわ〜。

Cimg5389









ほくほくのポテトフライ。

Cimg5390









イカも美味過ぎ。




私が一番感動した白子の天ぷら。
やばぁ〜い。
クリーミーで熱々でとろける〜。
相方くんは地酒をぐびっと飲んでいた。
いや〜満腹。満足。
ホテルに戻り更にラーメンを食べる相方くん。

Cimg5402











北海道最終日。
雨と予想されていたが奇跡的に天気は回復。

二条市場へ行き、またまた海鮮丼。
相方くんが行きたかった店は休みで残念でした。

さっぽろテレビ塔へ行き、展望台から札幌市を一望。

時計台、北海道庁旧本庁舎を見て回る。

Cimg5422Cimg5423Cimg5424









ロイズのカフェにてホットチョコでほっと一息。

3時前のおやつにフルーツケーキファクトリーという店に入る。
色んな種類のタルトが並んでいてどれも美味しそう。

相方くんは苺。
私はトマトとチーズのタルト。
苺めっちゃ甘い!
そしてトマトチーズが異色だがうま〜い!!
タルト生地がサクッとしていてまた美味しい。
ここもヒットだわ〜。

Cimg5428









夕飯は行きたかったスープカレー屋がお休みでウロチョロ探し回るが
あまりないので千歳空港に戻ってから食べることにした。

最後の晩餐はスープカレー。
初めて食べたけど美味しかった〜。

食べたかったものは全て食べれたし満足満足。
いや〜ほんとに楽しい北海道旅行やった〜。

ぎりぎりで年越し前に家にも無事着き、年越したそばも食べ、幸せな年越し
を迎える事ができた。

2007年お世話になった方々ありがとうございました。

|

« 仕事納め | トップページ | 2008年 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事納め | トップページ | 2008年 »