« 麺、麺、麺 | トップページ | 夏・海岸物語 »

カナシミ

Dscf0011_5_2









先日親戚のおじさんが突然亡くなった。
母から電話で一報を伝えられ信じきれずただただ呆然とし、
涙が溢れでてきた。

両親共に福島出身なので親戚のほとんどは福島にいるのだが
数少ない関東に住んでいる親戚で家も近かった為小さい頃から面倒を
見てもらったり抱っこしてもらったり、成人式には晴れ姿を見に来てくれたりも
したおじさん。
病気とかではなかった為、きれいな顔をしていて今にも話しかけて起きてきそうな
その姿をじっと見つめていた。
親戚も総勢に集まり、母は9人兄弟でその内の一人、母の姉の旦那さんが亡くなった
のだが、兄弟がみんな集まれる機会なんてそうはないだろうし、おじさんが作ってくれた
時間なんだろうなと思う。
奥さんや娘さん、そして可愛いお孫さん、みんなを見守っていてください。

その夜、ここ最近肩や首の張りがひどかったのだが悪化し始め、腰や頭も痛みだし
寒気がし鳥肌が立ち、体がだるく完全ダウン。
昔は風邪一つ引かなかったのに、だめだなぁ…

|

« 麺、麺、麺 | トップページ | 夏・海岸物語 »

こころ・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺、麺、麺 | トップページ | 夏・海岸物語 »